読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりなおふぃしゃる

誤字脱字が多いです。アイドルヲタク。時々バンドマン。2017年もゆるりと写真日記や思ったことメモなど。

はしもとななみさんがだいすきでした

M

2017年2月20日、橋本奈々未さんが乃木坂46を卒業し、芸能界を引退した。

アイドルとして生きる人はうつくしい。整った顔を持って生まれてきた人が、アイドルという職業を選ぶことの尊さ、そしてキラキラの衣装を見に纏いスポットライトを浴びてステージに立っている瞬間がいちばんすきだ。アイドルとして自信たっぷりと魅せてくれる瞬間がすきだ。顔が綺麗な人がエンターテイナーになる瞬間は信じられないほど美しくて尊い、と私は思う。

橋本奈々未さんのことを知ったのは乃木坂46が「サヨナラの意味」という曲のパフォーマンスで色々な音楽番組に出始めたときのこと。顔がとってもきれいでいつも少し照れているかのような、はにかむように笑う橋本奈々未さんを見た時になんとなくこの人が好きだと思った。可愛いよりも"綺麗"という言葉が似合う橋本奈々未さんをテレビで見る度、彼女が気になる人になっていた。数回テレビで見るうちに「サヨナラの意味」という曲が彼女が卒業することに向けた歌であることも、だから彼女がセンターを張っていることも、彼女は家庭が貧しく家族のためにアイドルになった経緯(ざっくりとですが)がある人なんだということも、そして彼女は乃木坂46だけで無く芸能界からも引退してしまうことも知った。芸能界ではない別の進みたい道があるのだということも。それでも、こんなにも綺麗な人の、若くて一番美しいであろう時代に、所属しているグループの全盛期が来ていて売れていて。それなのに芸能界を去るという決断を下した、"はしもとななみさん"はなんて儚いんだろうと思った。

最後の公演で、「こんなに素敵な景色を何度も何度も目の前にしてるのに、別の道を進みたいと思うのがいちばんないものねだりだなと感じてます。」と放った橋本奈々未さんのことをわたしは何も知らない。乃木坂のCDを買ったことも借りてみたこともなかった、知っていたメンバーもいたけれどその中に橋本奈々未さんは居なかった。ただただ、そこらへんの世の中の人と同じように世の中の成り行きで偶然、乃木坂46を知って、橋本奈々未さんの事を知って、なんとなく気にかけていただけだ。お金を1円も落としていない、茶の間と名乗るのも甚だしいレベルのファンだ。それでも橋本奈々未さんがだいすきでした。いつか私の目で、橋本奈々未さんを見てみたかった。それでも橋本奈々未さんが未練無く乃木坂46を、芸能界を、無事に卒業できたのであれば、はにかむように笑う素敵なあの笑顔を見れなくなったとしても、「この世のどこかで橋本奈々未さんが生きていて自分のやりたい事を出来ているのかもしれない」という事実だけで私はこの世に絶望することは無いなと思った。芸能人ではなくなった橋本奈々未さんと私の人生が、この先も交わることが無くたって橋本奈々未さんのはじまったばかりの新しい人生にも、これまで以上にたくさんの光が舞い降りていきますように。上手く言えないけれど、全然知らなかったけれど、それでも私は、はしもとななみさんがだいすきでした。